メイクアップツールのGOODAYS(グッデイズ)
About us
instagram
お客さまの声:レビュー

CATE GORY

Staff Blog

MENU

営業日カレンダー

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
休業日(出荷業務停止)
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日(出荷業務停止)
 

メイクがキレイに仕上がる鏡の選び方と正しい鏡の使い方

毎日のメイク、あなたはどんな環境でしていますか?


いい化粧品を使っていても、メイク環境が悪いと仕上がりがいまいちに…。


メイクをする時の鏡の選び方とメイクが劇的にきれいに仕上がる鏡の使い方をご紹介しますね!


まず…

 

鏡の選び方

 


1.頭からデコルテまで全部が見える大きさの鏡を選ぶ



お顔全体を映し出せることにより、ポイントメイクのバランスがわかります。


お顔からデコルテまで全体を映し出すことでベースメイクの白浮きに気づいたり、ムラを防ぐことができます。
フェイスラインと首でくっきりファンデーションの色の差がでて、顔が浮いて見えるなんてことも、失敗メイクのあるあるですよね…。

 






2.角度が調整できる鏡を選ぶ

 

さらに、角度が調整出来ればメイクがとってもやりやすくなります。

鏡の角度を45度まで傾け、のぞき込むように下目使いすると、上まぶたがの皮膚が伸ばされてまつ毛の際からマスカラやアイシャドウ、アイラインがきれいに塗れます。


下まぶたは鏡を正面にして顎を引いて上目使いすることで、片手で皮膚を伸ばさなくても下まぶたの皮膚が伸び、綺麗にアイシャドウやラインが入れれます。

 

ベースメイクやシェーディングを入れるときや、眉毛、チーク、リップをする際は鏡を正面にしてすると、全体のバランスをみながらメイクすることができます。



 

3.歪みがなく正確な色がうつるナピュアミラーを選ぶ

 

一般的に鏡はガラスの裏から金属膜を塗装したものです。ですが、安価なものだと鏡風にフイルムを貼っただけの商品がや、柔らかいアクリルの板に鏡面加工したものも多くあります。顔が歪んで見えるものは大体アクリルミラーだったりします。


アクリルミラーは軽い、割れないと便利なようですがメイクをするうえではオススメしません。



メイクの仕上がりをきれいにするには歪みがないガラスミラー、尚且つ透明度の高いガラスで作られたナピュアミラーでメイクすることをオススメします!


従来のガラスミラーはラーはガラスに不純物が混在しており、青っぽく濁っています。
この板を通してお肌を見ているので、くすんだ肌に映り込んでいます。
ナピュアミラーは不純物を取り除いた透明度の高いガラスをミラーにしているので、映り込む肌の色が自然で鮮明に映ります。







これによって、本来の自分の肌に合うファンデーションやチーク、アイシャドウの色みがわかるので、メイクの仕上がりが劇的に変わります!

 
つぎに

 

鏡の正しい使い方

 
 

1.人と話す距離くらいに鏡を置く



あまり近くで鏡を見ていると、シミや毛穴が目立つ為、気になって必要以上にカバーしてしまう。
結果、濃いメイクに仕上がってしまいます。

人と話す距離くらいからきれいに仕上げていけば十分です。





2.太陽の光があたる部屋でメイクをする



暗いところで化粧をすると、その場ではきれいにお化粧できていても、外出先にでてみると…

「ファンデーションがムラだらけ!」「チークが濃すぎる…」「毛穴の凹凸、小じわが目立つ…」
なんて失敗が起きます。


それを防ぐには、はじめから太陽光が当たるお部屋でお化粧をしてくださいね。

日光に向かってお化粧をすれば、日中の太陽の下でもきれいにメイクが仕上がって見えます♪




以上、メイクの仕上がりの完成度を高める、鏡の選び方と正しい使い方をご紹介いたしました!

メイクをする環境を整えるだけで、断然いつものメイクと仕上がりが違ってきます。
今使っているミラーを見直してみて、毎日のメイクを楽しいものにしてください♪



鏡にも顔を大きく映す「拡大鏡」や外出先で顔をチェックできる「コンパクトミラー」などその他用途別に数多くございます。

環境や用途に合わせて使い分けてみてください。



 

ページトップへ